『食器はどうやって土や石があのかたちになっていくの?その1』うつわ選びの基礎知識5


こんばんは。

普段使い食器のすっきりアドバイザー
食器棚収納かんたんアドバイザー
うつわやさん須藤真一郎です。

うつわ選びの基礎知識、本日第5回です。

なんであの石や土が固い食器になっていくんでしょう
店長の私も不思議に思うんです・・

『食器はどうやって土や石があのかたちになっていくの?その1』です。

まずは
『原料の採土』
採掘場で土や石を採掘します。

余談ですが、だからうちのあたりとかお隣の愛知県瀬戸市のあたりは
削られて土がむき出しの山?がたくさんあるんです。
*『やまや』さんというような呼び方をする職種です。

つづいて
『土をつくる』
専門業者☆が工場で精製(つぶしたりして石・土のつぶの大きさでわけたりする)
した土を窯元もしくは別の専門業者で手作業または機械(土練機-ドレンキ)で練ります。
☆『土や』さんいうような呼び方をする職種です。

さらに
『かたちをつくる』
手作りの場合-手びねりやろくろ
機械制作の場合-機械式ろくろ(この機械はおみせいたしたいほどよくできてます)や
        複雑なかたちになると鋳込み★(石膏型に流し込むもの●)
でかたちをつくります。
●石膏型をつくる『型や』さん
★できた土を石膏型の鋳込みに流し込み形をつくる『鋳込みや』さん

最後に
『加工』
形が整ったあと、装飾(デザインではなく、元の土に彫ったり削ったりする)をします。
これは手作りの窯元でしかみられないであろう風景です。

あとは
『乾燥』
でこれが終わるといよいよ焼く行程に移ります。

ここまでだけでもかなり多くの手を通じて、食器ができあがっていくのかがおわかりに
なりますよね。
 
陶磁器業界は実に細かい産業の集合体なんです。

だから、どの行程の業者さんでも1軒でも無くなったりしたら、
多くの方が困ってしまうんですよ・・

それでは第5回はこのあたりで・・

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

私どもうつわやさんでは
あなたのご相談にのりながら
うつわをおすすめさせていただくことが可能です。

今日の記事内容やうつわやさんの扱っているうつわに関しても
お気軽にメールやお問い合わせくださいね。

ありがとうございます。

うつわやさん楽天店はこちらをクリック

うつわやさんfacebook ページもごらんくださいませ。

コメントを残す