和食器と洋食器の違い、そして和洋食器とは?【食器(うつわ)の選び方1】


あけましておめでとうございます。

普段使い食器のすっきりアドバイザー
食器棚収納かんたんアドバイザー
うつわやさん須藤真一郎です。

2013年はこのブログをお読みのあなたに
・うつわ(食器・陶器)の選び方
・うつわ(食器・陶器)の使い方
・うつわ(食器・陶器)のしまい方(収納)
の3つのポイントについて
私の思うところを書いていきたいと思います。

食器だけに固い話も多いかとは思いますが、
これからしばらくおつきあいの程宜しくお願いします。

それでは選び方の第1回です。

『和食器と洋食器の違い、そして和洋食器とは?』

和食器と洋食器の決定的な違いとはなんでしょう・・
一度考えてみて下さい。



私なりの答えは
『和食器は手に持つことを前提とし、
 洋食器はテーブルおいたまま使うことを前提としている』
です。

いかがだったでしょうか。

私が中学生(私立の仏教校)の時、食作法というものを教わりました。

その中で『食器は手に持って食べるもの』というくだりがありました。
さらにかがんで食器から直接たべるのを『犬食い』だとも教わりました。

つまり和食は
『右手にお箸、左手に食器』
という流れになっているわけです。

これに対して洋食は
『右手はナイフ左手はフォーク、食卓に食器』
という流れということが言えるのではないでしょうか。

不思議なことに中国や韓国は箸を使いますが、
食器は食卓の上ですね。
日本みたいに器を持ち上げるのは不作法とされますね。
ちなみこの私、若い時に中国で器を持ち上げて食べて、
注意されたことがあります。
韓国はスプーンも使うことも多いですしね。

ってことは日本食、和食器って
世界をみても独特のものってことですね。

では、当店が看板にかがける『和洋食器』ってなにか?
と申しますと・・

・和的に使ってもOK、洋的に使ってもOK
・ふところの深い?兼用できちゃう?
・今の日本人の生活スタイルにあわせた?
そんなうつわ、食器たち

という『くくり』でご理解いただけたらと存じます。
(中には典型的な和食器や洋食器もございますことはご了承下さい)

それでは第1回はこのあたりで・・

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

私どもうつわやさんでは
あなたのご相談にのりながら
うつわをおすすめさせていただくことが可能です。

今日の記事内容やうつわやさんの扱っているうつわに関しても
お気軽にメールやお問い合わせくださいね。

ありがとうございます。

うつわやさん楽天店はこちらをクリック

うつわやさんfacebook ページもごらんくださいませ。

1 個のコメント

  • 食事の時の食器の扱いが異なるのね。確かに。
    私の思いは、和は自己主張がなく、優しががある。全体の調和の中に収まる。
    洋は自己主張がある、ブランドで善し悪しが決まる。美が目立つ。

    そんな感じがします。

  • コメントを残す